第3回 修善寺オープン 結果報告

修善寺カントリークラブが10月17日~18日に開催した「第3回 修善寺オープン」は通算7アンダーで『河瀬 賢史』プロが優勝しました!
初日は激しい雨と霧の中、堅実なプレーで1アンダーにまとめた河瀬プロは、首位と3打差5位からスタート。
2日目は、前日新しく変えたパターが入らなかったとエースパターに戻し、8バーディーを決め2日間の大会ベストスコアとなる「66」をマークし、「第3回 修善寺オープン」を制しました。

初めての2日間競技となる第3回大会では、パトロンの皆様からの支援金が1,169口集まり、2日間のアマチュア参加者の参加費全額と、パトロンからの支援金を合わせた¥7,107,000すべてがプロの賞金となりました。

優勝した河瀬プロは、「プロだけでラウンドする普通の試合とは雰囲気も違います。ピリピリ感は少ないけれど、この試合はとてもいい試みだなと思います。浜松出身なので以前『とおとうみ浜松オープン』に出場し、地元の人たちが試合を盛り上げようとしていて、みんなが応援してくれるから試合が成り立っているのだと実感しました。その試合にちょっと似ています。今回競技委員長を務めた金森プロのように、プロの気持ちがわかる人が先頭に立って運営してくれる、このような大会がもっと増えていってほしいし、この『修善寺オープン』がもっと大きくなっていってほしいと思っています。多くのプロゴルファーがそう思っていると思います。」と話し、
今日の勝因については「しばらく優勝から遠ざかっていたので、勝ちたいという強い思いに、ゴルフの神様が今回は僕に微笑んでくれたのだと思います。」と優勝インタビューに答えました。河瀬プロは来期に向けてQTに出場予定で、この優勝をきっかけにまたレギュラーツアーに復活し、活躍していってほしいと思っています。
修善寺オープン結果報告ページ